NYダウ

株価の上昇局面ではマーケットで、こんなことが頻繁に囁かれます。
「一番儲かった銘柄は何・・?」、「それはNYダウさ!」

これは米国相場の強さを象徴するような会話ですが、決して軽口の冗談ではありません。正に100年以上にも渡っておっきい上昇率を継続してあり、米国投資を行っていた人の多くが資産を何倍にも増やしてある。

こういうページでは「米国株の上昇力、日本株との比較、資産形成に向いている理由」において細かく説明していきます。

25年でNYダウは8倍以上!日本株は・・

マーケットの過去を振り返ると、その時代ごとに主役が入れ替わってある。新興国、ヨーロッパ、そして日本が主役だった事もあります。ただし、いずれも浮き沈みがきつく維持することができません。

そんな中にあって、例外とも言えるのが米国市場だ。
過去50年の株価を見ても、いつの地点でNYダウを買っても利益が出ていることになります(2017年7月31日)。

「米国株に塩漬け無し!」と言われる事がありますが、決して誇張した話ではありません。世界中の主要国の中で、これほど激しく上昇を継続している国は他に類がありません。

次期日経平均株価NYダウ(年終値)
1990年2万3841円2633ドル
2000年100003875円↓100000787ドル↑
2010年100000228円↓100001577ドル↑
2015年100009033円↑100007425ドル↑
2017年8月末100009925円↑2万1891ドル↑
結果株価不安定・90年から16%下落堅調に上昇・90年から株価8倍
日米比較の結果は一目瞭然ですね。計算上で言えば、約25年前に日本株(日経平均)に投資した場合は現在でも含み損を抱えている状態。それに対して米国株(NYダウ)に投資していれば8倍以上になっています。

また、日経平均株価の値動きが不安定な事に対して、NYダウは階段を上がるように上昇しているのがわかると思います。

「急落したら・・」米国市場の魅力は回復力

日本株を保有している人の中には、バブル崩壊の痛手を引きずって塩漬け株(含み損)を抱えている人も多いのが現状です。それに対して米国株では「塩漬け株」という話は無縁。

日本でバブル崩壊があったように、米国もITバブル崩壊やリーマンショックなどの危機はありましたが、驚くような短期間で株価が回復して最高値を更新し続けてある。

【2000年~2014年】低迷の日本、上昇する米国
※2000~2002年ITバブル崩壊 2007~2009年リーマンショック

過去のデータを調べると、大きな危機があったところ日本株は回復をするまでに相当な時間を費やす傾向が見てなくなる。それに対して、米国株の回復力は非常に手早いのが特徴です。

米国株が資産形成に向いているという理由は、株価の成長力だけではありません。危機の時の回復力があるからこそ長期の運用として注目されているのです。

バイナリーオプション