スワップ金利を狙う

外国為替内金取引(FX)は、為替差益をねらいレバレッジを効かせて短期売買立ち向かうものと思っている人が多いですが、実は長期投資にも向いているのです。
日本円が世界的にもまれな低金利ときの現在は、外貨を買い組み上げる結果日本円との金利差によるスワップ金利が得られる絶好のタイミングなのです。

スワップ金利は、金利の高い通貨といった少ない通貨の金利差分を受け取る(または支払う)ことを言います。
例えば米ドル/円の通貨ペアで日本円を売り米ドルを買い組み立てる場合、金利の厳しい通貨を貰うのでその金利差に当たるスワップ金利を受け取れます。
逆に金利の大きい米ドルを売り金利の低い日本円を買えばスワップ金利分を払う必要があります。
なお、スワップ金利はFX取扱会社により異なります。また各国の金利の変動に従って日々変動します。

キャッシングを手軽に考えると破産