よくある株の失敗

株で成功したり利益を生み出してある人を見ると、初心者は自分も株を買いさえすればすぐに利益が出るのかと錯覚しがちですが、投資に絶対はありません。

ベテランのお客様も損をすることはあります。

初心者は、どういうミスを犯し易いのでしょう。

◎ギャンブル的思考は禁物

初心者とかですが、株で失敗をする人は投資をギャンブルのように考えがちだ。

ちょっと損をしただけで熱くなって他の銘柄にずっと手を出してしまったり、「負けた分を取り戻さねば・・・」という人は投資に向いていないといえます。

「始めたからには手早く儲けよう」「ちっちゃな投資で凄まじく儲けたい」といった考えも注意だ。

投資スタイルにもよりますが、中長期的目で流れを見なければ、利益は出ないといえるでしょう。

◎ロスカットを恐れない

「損切り」ともいわれていますが、保有している株が下落している時にこれ以上損失を出さないために強制的に売り出すことを指します。

注文ら「○円以下になったら並べる」という条件を附けることを逆指値注文といいます。

ある程度株に慣れてきたら、逆指値などでロスカットも積極的に行いましょう。

ロスカットの選択を誤ると、どんどん値下がりしてしまった際は売り時を見落とすことになってしまい、どうすることもできない「塩漬け株」を保有するだけになってしまう。

成功しているトレーダーは、ちっちゃな損を恐れない分、大きな損を防ぎ易いともいえるのです。

損を賢く利用しましょう。

バイナリーオプションとFX