スワップ金利を狙う

外国為替内金取引(FX)は、為替差益をねらいレバレッジを効かせて短期売買立ち向かうものと思っている人が多いですが、実は長期投資にも向いているのです。
日本円が世界的にもまれな低金利ときの現在は、外貨を買い組み上げる結果日本円との金利差によるスワップ金利が得られる絶好のタイミングなのです。

スワップ金利は、金利の高い通貨といった少ない通貨の金利差分を受け取る(または支払う)ことを言います。
例えば米ドル/円の通貨ペアで日本円を売り米ドルを買い組み立てる場合、金利の厳しい通貨を貰うのでその金利差に当たるスワップ金利を受け取れます。
逆に金利の大きい米ドルを売り金利の低い日本円を買えばスワップ金利分を払う必要があります。
なお、スワップ金利はFX取扱会社により異なります。また各国の金利の変動に従って日々変動します。

キャッシングを手軽に考えると破産

米国株

米国株は興味を持っている人は増えていますが、現に取引をしている人は日本株と比べると少数派。

「敷居が高い」イメージですが、実際には正反対だ。
商品内容を考えれば、“投資経験が浅い人ほど日本株よりも米国株に注目すべき”です。

今回は「米国株が投資初心者や投資下手にオススメの理由」について書いていきます。ちなみに、日本株で500万以上の大損経験を持つ私は、投資下手の代表だ(笑)

米国株をすすめる第1の理由は、投資をしている人の大部分が儲かっている点だ。

米国株の過去データを見れば、100年以上も好況だ。シンプルに考えて、知識が浅い人ほど激しい市場(米国)を選択した方が良いのは当たり前ですね。

カードローンは借り入れ初期の段階で返済計画をしっかり作る

よくある株の失敗

株で成功したり利益を生み出してある人を見ると、初心者は自分も株を買いさえすればすぐに利益が出るのかと錯覚しがちですが、投資に絶対はありません。

ベテランのお客様も損をすることはあります。

初心者は、どういうミスを犯し易いのでしょう。

◎ギャンブル的思考は禁物

初心者とかですが、株で失敗をする人は投資をギャンブルのように考えがちだ。

ちょっと損をしただけで熱くなって他の銘柄にずっと手を出してしまったり、「負けた分を取り戻さねば・・・」という人は投資に向いていないといえます。

「始めたからには手早く儲けよう」「ちっちゃな投資で凄まじく儲けたい」といった考えも注意だ。

投資スタイルにもよりますが、中長期的目で流れを見なければ、利益は出ないといえるでしょう。

◎ロスカットを恐れない

「損切り」ともいわれていますが、保有している株が下落している時にこれ以上損失を出さないために強制的に売り出すことを指します。

注文ら「○円以下になったら並べる」という条件を附けることを逆指値注文といいます。

ある程度株に慣れてきたら、逆指値などでロスカットも積極的に行いましょう。

ロスカットの選択を誤ると、どんどん値下がりしてしまった際は売り時を見落とすことになってしまい、どうすることもできない「塩漬け株」を保有するだけになってしまう。

成功しているトレーダーは、ちっちゃな損を恐れない分、大きな損を防ぎ易いともいえるのです。

損を賢く利用しましょう。

バイナリーオプションとFX

株の税金について考える

NISAや特定口座で株の取引をしている場合は確申も不要なので、そのままにしているという人もいるかもしれませんが、初心者でなくとも、税務に関しまして知っておいて損はありません。

これを機に勉強してみましょう。

◎損をした時は確申がベター

基本的に売却益が出ても源泉徴収してくれるので確申は不要です。

ですが、売却損が発生した場合に損益通算かつ、確申による繰越控除を行うため節税効果が期待できます。

源泉徴収ありの特定口座で「上場株式配当等受領委任契約」を締結すれば自動的に損益通算ができます。

それでもマイナスが出た場合には確申で繰越控除を行うことができるため、翌年利益が出ても相殺なるというわけです。

ただし、繰越は3年までと決められています。

◎配当金で確申

配当金を受け取った場合も、原則源泉徴収されて手元に混じるため、確申の必要がありません。

しかし、所得の少ない人が総合課税という方法で確申を行うと源泉徴収した際の税率よりも少ない税率が適用されるため、払い過ぎた利息が返ってくるのです。

現在の源泉徴収税率は20.315%ですが、課税所得金額が195万円以下だと税率はなんと7.2%まで下がります(所得によって税率は上がります)。

売却損があるときの損益通算か配当金の確申のいずれかを選ぶかたちになりますので、売却損がない人は配当金で確申してみましょう。

投資のメリットとデメリットを比較

投資スタイル

「株をやっている」と聞くと、大抵の人はデイトレードをイメージするのではないでしょうか。

パソコンでチャートを読み、売りらなったらさっと手放して利益を得るデイトレーダーははた目にも素晴らしいものです。

しかし、初心者でいきなりデイトレーダーになるのはハードルが高いですし、投資スタイルは十人十色だ。

株の投資スタイルにはどのようなものがあるのでしょう。

◎デイトレードは初心者に苦しい?

デイトレードは、まさに一日で完結させる投資方法だ。

買った株をその日のうちに売却することによって、翌日まで延ばすことがありません。

一年中の中で株のチャートを常に見ておく必要があるため、初心者は売り時を逃し易い傾向にあります。

また、会社員など昼仕事をしている人にも向いていません。

◎スイングトレード

スイングトレードも短期投資の一種ですが、デイトレードとは違い2日から週程度で取引を完結させます。

取引時間外の影響を受けるため、翌日値上がりしそうな動きがあった場合は翌日に売却し利益を得ることができます。

会社員など、仕事が終わった後も情報を逃さずにすむためメリットがあります。

ですが、あくまで短期投資につき、情報はマメにチェックしないと損をしてしまう。

◎中長期型投資がオススメ

初心者にはやはり、中長期型投資がオススメといえます。

短期的な値下がりや値上がりをいちいち気にすることなく、チャートを頻繁にチェックすることも必要ありません。

勉強がてら、株を育てて見るつもりで自身もユーザーとして成長するのに絶好といえます。

バイナリーオプションコツ

FXの長期投資でのレバレッジは?

ニュージーランドドル(NZドル)を買い建てた場合、レバレッジを全くかけないも年6%程度の金利が得られます。レバレッジを2倍にすればスワップ金利は12%になり日本の金利と比較するとかなり有利だとご理解いただけると思います。
オーストラリアドル(豪ドル)も同じく、レバレッジ2倍で年10%程度のスワップ金利を得られます。
外国為替内金取引(FX)で長期投資をねらう時折、買いポジションで簡単にマージンコール(追証)が発生しないように考えておきましょう。そのためには、レバレッジをあまり厳しくせず、2~3倍程度にとどめておくのが安全だ。
たとえば、ニュージーランドドル(NZドル)を貰う場合1NZドル=70円だとすると、1万ドルで70万円ですので、内金(敷金)を35万円程度預託しておきます。
内金(敷金)に関して50%以上の評価損でマージンコール(追証)が発生するFX取扱会社だと、この場合内金の50%ですので35万円の50%=17万5千円まで評価損がふくらんですときにマージンコールがかかります。
それは、1NZドル=52円50銭まで下がるときだ。レバレッジを2倍に設定しておくと、これぐらいの為替変動まで持ちこたえられ年12%のスワップ金利が得られるのです。

バイナリーオプション

NYダウ

株価の上昇局面ではマーケットで、こんなことが頻繁に囁かれます。
「一番儲かった銘柄は何・・?」、「それはNYダウさ!」

これは米国相場の強さを象徴するような会話ですが、決して軽口の冗談ではありません。正に100年以上にも渡っておっきい上昇率を継続してあり、米国投資を行っていた人の多くが資産を何倍にも増やしてある。

こういうページでは「米国株の上昇力、日本株との比較、資産形成に向いている理由」において細かく説明していきます。

25年でNYダウは8倍以上!日本株は・・

マーケットの過去を振り返ると、その時代ごとに主役が入れ替わってある。新興国、ヨーロッパ、そして日本が主役だった事もあります。ただし、いずれも浮き沈みがきつく維持することができません。

そんな中にあって、例外とも言えるのが米国市場だ。
過去50年の株価を見ても、いつの地点でNYダウを買っても利益が出ていることになります(2017年7月31日)。

「米国株に塩漬け無し!」と言われる事がありますが、決して誇張した話ではありません。世界中の主要国の中で、これほど激しく上昇を継続している国は他に類がありません。

次期日経平均株価NYダウ(年終値)
1990年2万3841円2633ドル
2000年100003875円↓100000787ドル↑
2010年100000228円↓100001577ドル↑
2015年100009033円↑100007425ドル↑
2017年8月末100009925円↑2万1891ドル↑
結果株価不安定・90年から16%下落堅調に上昇・90年から株価8倍
日米比較の結果は一目瞭然ですね。計算上で言えば、約25年前に日本株(日経平均)に投資した場合は現在でも含み損を抱えている状態。それに対して米国株(NYダウ)に投資していれば8倍以上になっています。

また、日経平均株価の値動きが不安定な事に対して、NYダウは階段を上がるように上昇しているのがわかると思います。

「急落したら・・」米国市場の魅力は回復力

日本株を保有している人の中には、バブル崩壊の痛手を引きずって塩漬け株(含み損)を抱えている人も多いのが現状です。それに対して米国株では「塩漬け株」という話は無縁。

日本でバブル崩壊があったように、米国もITバブル崩壊やリーマンショックなどの危機はありましたが、驚くような短期間で株価が回復して最高値を更新し続けてある。

【2000年~2014年】低迷の日本、上昇する米国
※2000~2002年ITバブル崩壊 2007~2009年リーマンショック

過去のデータを調べると、大きな危機があったところ日本株は回復をするまでに相当な時間を費やす傾向が見てなくなる。それに対して、米国株の回復力は非常に手早いのが特徴です。

米国株が資産形成に向いているという理由は、株価の成長力だけではありません。危機の時の回復力があるからこそ長期の運用として注目されているのです。

バイナリーオプション

FX向きの通貨は

長期投資ではスワップ金利を売ることをねらうので、まず高金利通貨をターゲットに行う。さらに、その通貨および国の情報を得る必要があるので、ある程度メジャーな通貨を選んだ方がいいでしょう。
長期保有が前提ですが、通貨危機やその国の政情を得難い状態では危機を事前に解ることが難しくなります。もし、通貨危機、金融恐慌などがおこればスワップ金利どころではなくなりますので、あまりマイナーな通貨は選ばないほうが無難です。

こうという条件を勘案するという、今のところオーストラリアドル(豪ドル)やニュージーランドドル(NZドル)が長期投資には向いていると考えられます。
どちらの通貨も高金利状態が続いていますし、国の情勢も比較的安定してある。

バイナリーオプションテクニカル分析

低迷株の選び方

「それなら低迷株に投資しておけばみんな大儲けじゃん」というかもしれませんが、低迷株はそれほど単純ではありません。やはり低迷株は低迷したまま何も起こらない事が大半である為です。1年待っても2年待ってもピクリとも取り止める株も多数あり、あんな銘柄に投資してしまうと機会損失になってしまいますし、場合によってはジリ下げも掛かり時間+お金を負ける事もある訳です。

そうならないために低迷株は以下の様な選び方がポイントとなってきます。

・低迷株です
まずは低迷株です事が前提だ。低迷株判断ポイントは以下の通り。
・長らく株価が右肩さがりを続けて低迷している
・最低ひと月程度は同じ株価で低迷している
・クライマックスからの下落幅がおっきい(大きければ大きいほど良いです)
・チャートの日足線(5日、25日、75日など)が収束し重なっている
など

まだ下降トレンド中の株を選んでしまうとリスクを負う事がありますので、敢然と下落し低迷株となった銘柄を選びます。

・銘柄調査

理由無く上昇する仕立て株を拾うのも手ですが、やはり根拠となる好ニュースを水面下に抱える銘柄の方が確実です。
事前に好ニュースを分かる事は出来ませんが(仮に分かりえたとしてもインサイダー取引に引っかかります)、ある程度予想は可能です。こちらは企業分析の話となりますので、細くはここでは書きませんがポイントとしては以下となります。

・財務は改善してきているか
・今後、株価上昇に関与する製品・技術開発をしているか(規模の小さい会社の場合特に)
・開発中の製品の進行状況(開発が実るフェーズに着ていれば近々好ニュースが期待できる場合あり)
・業界や経済・社会など周囲の動向(例えばもし今後マイナンバー認証に生体認証が可決→生体認証技術を開発してあるメーカーに好ニュースの様に)

・仕込みの痕跡を確かめる
水面下に好ニュースを抱えている低迷株であっても、特に理由もなく選ばれた仕立て株であっても、これから大幅上昇して行く(させて出向く)低迷株には、投資ファンドの仕込みの後があります。

・長く低迷した後、時折株価が上昇する日が増えてきた
・株価自体は余り変動していないが出来高が不自然に増えてきている
・好ニュースも何も無い日に不自然に株価・出来高が上昇しその後また元の位置に戻った

トレードで使うテクニカル分析手法